So-net無料ブログ作成
検索選択
大飯原発裁判 ブログトップ

大飯原発差止判決文 [大飯原発裁判]

2014年5月21日に福井地裁は大飯原発3,4号機運転差止請求事件の公判で「差し止め」という画期的な判決を言い渡した。すべての脱原発を願う一人一人には原発の危険性を訴えるためのまたとない判決文となった。当ニュースではその判決要旨を全文紹介する。

大飯原発差し止め判決文.pdf 

判決文は 10項目からなり                        

13S_4762.jpg「初めに」「福島事故原発について」「本原発に求められる安全性」

「原子力発電所の特性」「冷却機能の維持について」

「閉じ込めるという構造について」 「本件原発の現在の安全性」

「原告らのその余の主張について」 「被告らのその余の主張について」

「結論」

の各項目から、大飯原発3・4号機の原子炉の運転をしてはならないと結論付けている。2012年6月29日の大飯原発再稼働の動きに対して抗議する通称「キンカン」が100回目となった。右の写真は市民が持ち込んで支店前の路上でアピールしたプラカードである。始まる前には市民有志が74人ほどの署名付き抗議文を八木社長あてに渡した。

また100回目ということで同支店前を2週するデモも行った。キンカン抗議組200人が参加した。しかし出発となった公園にはさらに多くの市民が待っていてデモは始まり、1周目350人、2周目450人と沿道からの参加者も巻き込んでの訴えとなった。

同デモには子連れの夫婦から高齢の男女と世代を超えての参加があった。思い思いのプラカードや横断幕を携えて 「一人ひとりの市民・人間」として「原発をなくそう」という強い意志を示した。

 

 

13S_4799.jpg 

判決を受けて関電前をデモする皆さん。 以下その様子です。

13S_4804 b.jpg 13S_4827 b.jpg SFF_3186.jpg

SFF_3187.jpg  SFF_3175 b - コピー.jpg 13S_4807 b.jpg

八木社長に手渡すところ担当の広報が1日中不在ということで受け付けの女性に渡した申し入れ書を支店前で読み上げる藤井さんたち↓

 13S_4733.jpg

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
大飯原発裁判 ブログトップ