So-net無料ブログ作成
検索選択
京都の行事 ブログトップ

愛宕山で千日詣り、「おのぼりやすとおくだりやす」 [京都の行事]

7月31日から8月1日にかけての夜、標高924メートルにある愛宕神社への参道がにぎわいました。とくに幼児連れの親子の姿が微笑ましいですね。とにかくバス停から大人の足で2時間半はかかろうかという参道ですから。表参道はかなり広く、夜の登山向きに電灯がつるされています。幼児でも足元に気をつければ登れますね。少年たちのグループだけの姿もちらほらと見かけました。

 千日まいり幼児親子 .jpg

京都市民にはかなりなじみ深い行事です。千日分の功徳があるから登り、三歳までに参拝すれば生涯火の災難を受けずにすむというのです。 なので幼児や乳飲み子も参拝する。道には電灯がついているとはいえ急坂の場所も数多く滑りやすいことも山道ならではです。それでも山から下りてくるほとんどの人が「おのぼりやす」と登る人に挨拶します。すると「おくだりやす」と返事が返ってきて、同じ山に同じ目的で動く連帯感みたいなものが生まれてきます。

参道と電灯.jpg 

もう一つの人気を支えるのは神社の護符「火廻要慎」 と「しきみの枝」にあります。持ち帰り神棚に供えたり台所に貼ったりします。「火の用心」の心得みたいなものでしょうね。とくに護符は神社に参拝しないと授かる場所がないので他人の分も代理で受け取る人も多くいるようです。愛宕山は「火」の神様として信仰が厚く全国800余りの愛宕社の総本山なんですね。そして修験者の修行するところでもあり愛宕聖といわれ愛宕信仰も広く流布していますよ。京都市の花背や広河原の松上げもその信仰への献火となっています。

千日まいりFお札.jpg 

 毎年この日の夜は満月が輝くのですが、愛宕山は木々に覆われて夜景を楽しむ場所があまりありません。たった1か所7合目あたりに展望が広がる場所があった。その昔カワラ投げが流行ったとの立看の案内がありますね。昇りよりも下りの方が足にはこたえますのでご用心を。そして山は公園ではないということも肝に銘じてくださいね。千日詣りの夜も天候の急変もありうるのですから。

月と町 .jpg 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

京都の花街で八朔行事 [京都の行事]

8月1日の最高気温38.5度の京都。そんな猛暑なのに祇園や宮川町の花街を歩く芸舞妓のなんと涼しげな雰囲気。特に祇園では正装での歩き。お茶屋さんにあいさつ回りをして「おめでとうさんです」というだけらしいが38度超えればあの服装では熱中症も心配したくなる。とはいえ撮る方もその心配はあることになるのだが。

 祇園八朔18-一力前4.jpg

↑花見小路の一力に入るため黒紋付きで通る舞妓 

八朔というのは旧暦の8月1日のことで花街では新暦のこの日にお茶屋さんや舞の井上八千代宅へあいさつ回りをする習わしが続く。もともとは農家が豊作を祈ることによる。事実京都では8月末だが、大原の里の村々が里はずれの江文神社に集まってきて踊りまくる習わしが残っている。 

 大原八朔.jpg

↑9月の最初の土曜日に開かれる大原八朔 

祇園ではおかみさんと連れ立って挨拶する姿も多いのだが、一人で歩いて回る芸舞妓もいるようだ。 たまたま四条通を移動中に通った芸舞妓さんが知り合いを見つけて頭を下げる姿が撮れた。その所作は美しい。舞妓さんの首筋はいつもなら2山なのだがこの日は3山。いわれを知らないのだが見落としがちだ。

 祇園八朔19-四条通2.jpg

祇園八朔-舞妓帯1.jpg

一方宮川町では黒紋付きではなく夏着物。色とりどりでこちらもなかなか美しい。 そして日傘の中に見える顔も涼しげなのはよほど日頃からの鍛錬が行き届いている証なのだろう。

宮川町八朔7.jpg 

宮川町八朔8.jpg

宮川町では舞妓姿で挨拶する人がいた。短時間の撮影だったが他の人は見かけなかった。おかみさんを先頭に歩く夏着物の舞妓 さんと遭遇してたちまち挨拶の輪ができた。日差しあくまでも強く、石畳の照り返しも強烈な宮川町なだけにそんな気象を気にするそぶりを全くしない優雅さだった。

宮川町八朔10-挨拶2.jpg 

 

 

 

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
京都の行事 ブログトップ